トップ > 保険の種類と選び方 > 「更新型」と「全期型」保険はどっちがいいの?

「更新型」と「全期型」保険はどっちがいいの?

保険料の支払い方には、加入から65歳まで保険料は一定の「全期型」と、加入から10年ごとに更新し、その都度に更新時年齢の保険料に上がる「更新型」の2通りがあります。「全期型」は、全期間にわたり一定の保険料だが、「更新型」に比べ、加入当初はやや高めです。よって、保険員は保険料の安い「更新型」を勧めます。ですが、更新型は加入当初の保険料は全期型に比べ安いが、10年後に更新、また10年後に更新していくと、更新の度に保険料は上がりトータルで考えると全期型のより高くなってしまうのです。

「更新型」において、加入当初の10年間の保険料は安く、保険員も勧めやすいのです。ですが、この安さが落とし穴で、例えば45歳で定期保険(更新型)に加入したら10年後に更新時期が来るとともに、年齢も10歳上がる(55歳)ので保険料も上がっていきます。また次期が来て65歳になったときは、当初の倍以上の保険料になり、さらに次期の75歳になると、平準定期保険は高齢により加入できなくなり、90歳満期の保障保険に入りなおします。すると保険料も3倍以上になります。こうして、更新するたび保険料は上昇し、最終的には「全期型」より2倍(高級車が1台買えるほど)の金額になってしまうのです。

長期的に安定した安心を求めるなら「更新型」は避けた方がいいでしょう。しかし、10年間だけの短期保障でよい、やっぱり当初は保険料を払えないので安いのでよいなど、保険料が上がるのを承知した上で加入するなら、更新型の保険でもいいと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク[clip]BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークFC2ブックマーク

損しない保険選びガイドについて

あなたのその保険大丈夫?本当にあなたに合っているの?薦められるまま加入しても、安いからって入っても、あなたに合っていなければ、保険料をドブに捨てるも同然!損をしない保険に入りたいあなたへ、正しい保険選びを伝授します。

信頼の無料相談
保険見直し無料相談 保険
カテゴリ
最近の記事
検索ボックス
 
リンク集
RSS登録
My Yahoo!に追加
Add to Google
エキサイトリーダーに登録
ivedoorリーダーに登録
はてなRSSに追加
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。