トップ > 生命保険の種類と特徴 > 「養老保険」の特徴

「養老保険」の特徴

基本型保険の中で「養老保険」が、一番保険料が高いと遠慮してしまう人もいるかもしれません。ですが、利用方法によっては安かったりします。

10年間で1,000万円貯めようと思ったとき、貯金なら一ヶ月に83,333円ずつ貯金することになります。ですが、「養老保険」だと、毎月82,460円で10年の満期時に9,895,200円で1,000万円が受け取れるので104,800円もお徳になります。それに、例え10年の満期以前に死亡しても、1,000万円が受け取れます。また「養老保険」は「定期保険」に比べ加齢による保険料の割増もわずか1割なので、若いときに急いで入ったり、高年齢だからと敬遠することもないのです。

「養老保険」は、何年か先の目標があって、保険金を使いたいと思う人にピッタリだと言えます。つまりは、保障を得ながら貯蓄をしながら、保険としての保証を兼ねさせられるのです。

このエントリーを含むはてなブックマーク[clip]BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークFC2ブックマーク

損しない保険選びガイドについて

あなたのその保険大丈夫?本当にあなたに合っているの?薦められるまま加入しても、安いからって入っても、あなたに合っていなければ、保険料をドブに捨てるも同然!損をしない保険に入りたいあなたへ、正しい保険選びを伝授します。

信頼の無料相談
保険見直し無料相談 保険
カテゴリ
最近の記事
検索ボックス
 
リンク集
RSS登録
My Yahoo!に追加
Add to Google
エキサイトリーダーに登録
ivedoorリーダーに登録
はてなRSSに追加
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。