トップ > 生命保険の種類と特徴 > 「定期保険」の特徴

「定期保険」の特徴

保険料が一番安いと思われている「定期保険」ですが、更新する度にその時点での年齢の保険料が適用され、どんどん保険料は値上がりしていくのです。しかも、健康で長生きして満期がくると、その時点で死亡保障はゼロになり、これまで支払った保険料はドブに捨ててしまうのと同じことになってしまいます。

そこで、若いときは保険料の安い「定期保険」で保障をし、保険料が高くなり始める高齢になったら、「終身保険」に切り替えればいいなどと思う方もいるのでは?それでも途中で切り替えるより最初から一筋でいく方が、安いし無駄な小細工もしなくて済むのです。

保険会社が、いろいろある保険商品の中から一番もうかる商品は「定期保険」なのです。ということは、加入者が一番損をする保険と言えるのです。

「定期保険」の長所は、期間限定、短期間の保障を得たいのであれば適していると言えますが、一生涯の保障としては絶対に不向きの保険と言えます。

このエントリーを含むはてなブックマーク[clip]BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークFC2ブックマーク

損しない保険選びガイドについて

あなたのその保険大丈夫?本当にあなたに合っているの?薦められるまま加入しても、安いからって入っても、あなたに合っていなければ、保険料をドブに捨てるも同然!損をしない保険に入りたいあなたへ、正しい保険選びを伝授します。

信頼の無料相談
保険見直し無料相談 保険
カテゴリ
最近の記事
検索ボックス
 
リンク集
RSS登録
My Yahoo!に追加
Add to Google
エキサイトリーダーに登録
ivedoorリーダーに登録
はてなRSSに追加
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。