トップ > 生命保険の種類と特徴 > 親心につけ込む「こども保険」

親心につけ込む「こども保険」

保険の営業で、親の死亡保険の話をすると毛嫌いされてしまうが、「こども保険」だと保険嫌いの警戒心をはがせられる。それほど、かわいい子供のため少しなら家計を、自分を犠牲にしても・・と思う親心です。また、祖父や祖母が孫のためにと加入する例も多いようです。

そもそも「こども保険」とは、子供が進学するときの入学金等の大きな出費の負担を軽くしようというのが目的です。ですが、現在ではほとんどの保険会社の「こども保険」は、祝い金と満期時の受取金の合計額よりも、支払う保険料の合計額の方が多くなってしまう、元本割れになる状態なのです。

加入してから折々受け取る"お祝い金"は、それまでに払った保険料の一部を返してもらったにすぎず、何回受け取っても常に支払額の方が超過状態なのです。満期時に"満期保険金"を受け取り、得したかのように思いますが、それは錯覚で実際は元本割れした資金を受け取るにすぎないのです。ですから、現在のほとんどの保険会社の「こども保険」は、加入しても損、お祝い金を受け取っても損、満期保険金を受け取っても損という保険だと言えます。でも、たしかに入学金のように一時的に大きなお金が出ていくのは負担が大きいので親も大変です。しかし、だからといって元本割れをしてしまう保険に加入するくらいなら、貯金をしておいた方がよっぽど得ですね。

しかし、子供が一番困るのは、学業の途中で親が死亡してしまうことです。義務教育以上の就業の場合は、経済的に大きな負担となってしまい、特に父親が亡くなった場合、母親が一人で働いても無難に進学できるかどうか、無事卒業できるかどうか不安です。ですから、「こども保険」に支払う予算があるなら、子供の教育が終わる時期までにあわせた期間の、貯蓄性が高い「養老保険」などに加入するほうがよいのではないだろうか。「こども保険」のように元本割れしないし、被保険者は親でも子でも支払う保険料の総額はさほどの差が無く、被保険者を父親にしておけば万一の場合は保険金が受け取れるなど、「こども保険」よりとても有効だといえます。

このエントリーを含むはてなブックマーク[clip]BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークFC2ブックマーク

損しない保険選びガイドについて

あなたのその保険大丈夫?本当にあなたに合っているの?薦められるまま加入しても、安いからって入っても、あなたに合っていなければ、保険料をドブに捨てるも同然!損をしない保険に入りたいあなたへ、正しい保険選びを伝授します。

信頼の無料相談
保険見直し無料相談 保険
カテゴリ
最近の記事
検索ボックス
 
リンク集
RSS登録
My Yahoo!に追加
Add to Google
エキサイトリーダーに登録
ivedoorリーダーに登録
はてなRSSに追加
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。