トップ > 生命保険の種類と特徴 > 「簡易保険」は本当に安いの?

「簡易保険」は本当に安いの?

一昔、保険料が一番安くて安心と思われていた「簡易保険」は、現在ではあらゆる保険会社の中で、一番保険料の高い保険になってしまっているのが現実です。ですが、「簡易保険」が一番安いと信じ込んでいる人が未だ多くいます。「簡易保険」の場合、今ではほとんどの年齢で元本割れの現象があります。将来いくら受け取るために、合計いくらの保険料を支払うのか計算すれば分かるので、加入する前に一度計算してみましょう。

2007年10月1日からの民営化で「簡易保険」は郵便保険会社として独立、「株式会社かんぽ生命保険」としてスタートし、業務が移管されている。(※民営化以前に契約された保険契約については、政府による保証を継続させるため、独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構に契約が継承されている。引用:Wikipedia)総資産額においては、以前業界トップだった日本生命保険を抜き、総資産約114兆円の世界最大の保険会社です。(2007年現在)

このエントリーを含むはてなブックマーク[clip]BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークFC2ブックマーク

損しない保険選びガイドについて

あなたのその保険大丈夫?本当にあなたに合っているの?薦められるまま加入しても、安いからって入っても、あなたに合っていなければ、保険料をドブに捨てるも同然!損をしない保険に入りたいあなたへ、正しい保険選びを伝授します。

信頼の無料相談
保険見直し無料相談 保険
カテゴリ
最近の記事
検索ボックス
 
リンク集
RSS登録
My Yahoo!に追加
Add to Google
エキサイトリーダーに登録
ivedoorリーダーに登録
はてなRSSに追加
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。